理事長挨拶

平成23年7月

中村 實(なかむら まこと)NPO法人 杉並中小企業診断士会

理事長   中村 實(まこと)

平成23年5月21日の通常総会にて、理事長に選任された中村でございます。このホームページをおかりし、ご挨拶を申しあげるとともに、杉並中小企業診断士会を代表して、東日本大震災で被災された皆様に対し、謹んでお見舞い申しあげます。そして、一日も早い復興を心より祈念しております。

さて、当診断士会は、任意団体として昭和56年に設立し(平成17年9月NPO法人化)、今年(平成23年)で、30周年を迎えることになりました。

長く継続してこられたのも、杉並区役所を始めとした公的機関、民間企業・団体、商店街、更に地域の人達のご支援があってのことです。皆様には、心から感謝を申し上げます。

日本を取巻く環境はグローバル化、国内では少子高齢化が一段と進んでおります。こうした環境下において、我が国経済が持続的に成長していくには、企業の労働生産性の向上と、大きな視点を持つことが必要です。

中小企業においても高齢化とそれに伴う後継者問題、およびグローバル化の波は避けて通れない問題です。

中小企業診断士は、経営コンサルタントとして、唯一の国家資格です。

杉並区の事業所数の構成は、サービス業31.4%、卸売・小売業26.3%、飲食業・宿泊業15.3%、以上合計で73.0%(杉並区H22年度統計)となっており、これらの業種の多くの皆様も売上不振、後継者難等に喘いでおります。

我がNPO法人は、こうした商店街、個店、中小企業等の駆け込み寺として、皆様をご支援すべく研鑽を積んで参ります。

どうか、忌憚のないご要望・ご質問等をお寄せ頂ければ幸いです。


No tags for this post.